現代パブリックアートにおけるメモリアルの論争点

Controversies Related to Memorials in the Contemporary Public Art

マヤ・リンによるベトナム・ベテランズ・メモリアルとレイチェル・ホワイトリードによる
ホロコースト・メモリアルの比較検証
Comparative Analysis of Maya Lin’s Vietnam Veterans Memorial and Rachel Whiteread’s Holocaust Memorial

工藤 安代 Yasuyo Kudo


この小論は、現代パブリックアートにおけるメモリアルの担う役割が変容している事について論じる。最初に、ロダンがカレー市のために制作したメモリアルについて言及し、メモリアルにおける近代的思考の始まりをその作品を通して検証する。ロダンの『カレーの市民』は、政治的、そして権威的に歴史を賞賛し単一的価値を教化するものとして存在した中世におけるメモリアルのコンセプトを明確に否定した出発点として捉えられる。次に2人の現代若手アーティストによる重要なメモリアルについて、それをめぐる論争に焦点を絞り分析する。マヤ・リンによる『ベトナム・ベテランズ・メモリアル』とホワイトリードのウイーン市における『ホロコースト・メモリアル』に関して、その立地場所やアーティストが選ばれた経緯、そして建設における一連の賛否両論の討議から検証する。最後に、両作品に纏わる論争を通して、現代の政治的、社会的環境の複雑性がメモリアルに与える影響に関して考察する。さらにこの小論において、メモリアルを取巻く複雑性と困難を知りつつも、なぜアーティストたちがリスクを負い果敢にこの主題に取組むのかその理由を探ることを試みる。


オーギュスト・ロダン (Auguste Rodin): カレー市民メモリアル (The Burghers of Calais), 1884年


マヤ・リン (Maya Lin), ベトナム・ベテランズ・メモリアル (Vietonam Veterans Memorial), 1982, Washington D. C.


レイチェル・ホワイトリード (Rachel Whiteread), ホロコースト・メモリアル (Holocaust Memorial), 2000, ウイーン/オーストリア

In this short paper, changing roles of memorials in contemporary public art is discussed. Firstly, Auguste Rodin’s memorial for the City of Calais is focused as the start of modern thinking in the genre of public memorial art. His work in the City of Calais clearly denied the medieval concept of memorial as the political and authoritative representation, glorifying and simplifying whatever happening history experienced in the past. Secondly and thirdly, two most important memorials by contemporary young artists are examined in order to clarify, underlying controversies on their memorials. Maya Lin’s famous Vietnam Veterans Memorial is analyzed from aspects of location, process of selection, and consecutive arguments for and against her design. Rachel Whiteread’s Holocaust memorial in Vienna, Wine is examined to show how the memorial is conceived by the government, and its process of the competition. The reasons why Whiteread won the competition are explained. Then, controversies surrounding her work are discussed. Through the comparison of arguments about these two works of art, this paper intends to analyze and verify the complexities of political as well as social environment that considerably effect memorials in contemporary life. Also, this paper tries to explore why artists, knowing the complexity and difficulty surrounding memorial in public art, tackle the dangerous task at the risk of getting into a labyrinth of narrow streets.

環境芸術学会論文集第2号,2002,pp.1-8.

| |