Open House オープン・ハウス

青空リビングルーム

青空リビングルーム

放棄され、荒れ果てていたオリジナルの家

放棄され、荒れ果てていたオリジナルの家

2011年1月、アラバマ州ヨーク市のアートNPO、コールマン・センター・フォー・ジ・アーツ(CCA)は、アーティスト、マシュー・マゾッタを招き、市民参加のアートワークをオーガナイズするよう依頼した。マゾッタは最初の訪問のとき、コミュニティの人々に、自宅のリビングルームから何かを持ってきてもらい、通りの真ん中に仮設の青空リビングルームをつくって、ディスカッションの場とした。そこでの会話から人々が何を考え、何を求めているかを理解したマゾッタは、町の中心にある放棄された家屋を再生して、この町に不足しているパブリック・スペースを創設するアイデアをCCAに提案した。

そのプランは、廃材を活用した“変態する家”で、CCAは、全米芸術基金やビジュアル・アーティスト・ネットワークなどから助成金を獲得し、プロジェクトを実現。2013年6月に“オープン・ハウス”が完成した。

家を開く仕組みは、油圧装置ではなく、人力。4人で2~3時間の作業

家を開く仕組みは、油圧装置ではなく、人力。4人で2~3時間の作業



オリジナルのピンク色のサイディングを生かし、見かけは小さな家をイメージする建物だが、箱を開けるように展開すると約100人収容のオープン・シアターになる。住民は無料で様々なイベントに利用できる。またCCAはこのスペースを使って、映画やコンサート、タレントショーなどを主催している。


家が100人の客席に変身

家が100人の客席に変身

コミュニティの人々が集うコモン・グラウンド

コミュニティの人々が集うコモン・グラウンド

アーティストMatthew Mazzotta
アーティスト(日本語)マシュー・マゾッタ
ジャンル(建築家、ランドスケープなど)アーティスト
場所(国)アメリカ合衆国
場所(原語)York, Alabama
完成年2013
施主・主催Coleman Center for the Arts
関係団体(共催、後援、助成、協賛、協力)National Endowment for the Arts, the Alabama State Council on the Arts, the Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, the Visual Artists Network, York Drug, the City of York, the City of York Fire Department
資金源
  • 公的資金
  • 個人寄付
  • その他
資金源(その他の場合)法人寄付
予算規模(円)1億以上 
外部リンクhttp://colemanarts.org/2013/06/open-house-matthew-mazzotta/
タグ(地域、テーマ),
| |