About us

NPO法人アート&ソサイエティ研究センターは、都市や地域における芸術文化活動が、今日の社会をより豊かに変化させると考えています。
2009年の設立以来、地域社会や人びとに深く関わる国内外の芸術活動を調査・研究・記録し、その国内における芸術実践を支援してきました。アーティストの活動を社会や人びとと結び、その関係性をさらに深化させ、その多様な役割を発信していきたいと考えています。
このような活動を通して、都市や地域の文化的発展と人びとの創造的環境の充実に寄与していくことが、本団体の活動目的です。

Activity

芸術文化に関する研究会、レクチャーの開催
芸術文化を中心とした多様な分野の最前線で活躍するゲストを迎えるレクチャーおよびテーマ毎の研究会を開催

芸術文化プロジェクトの企画・実施
芸術文化を通じたまちづくり、地域コミュニティの創造的再生活動、社会的課題に取組む芸術実践など、調査研究活動を踏まえたプロジェクトの企画や実施

機関誌、調査資料等の刊行などの情報発信
機関誌、翻訳や書籍出版などによる国内外での都市や地域・社会における芸術文化活動の情報発信、アート・アーカイブの調査・手法・実践の発信

芸術文化に関係する施設運営・管理
都市や地域における芸術文化活動の拠点となる施設の運営や管理

Board Members


Yasuyo kudo
代表| 工藤 安代 Yasuyo Kudo
東京生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業。南カリフォルニア大学芸術建築科パブリックアート研究科修士修了。埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程修了。パブリックアートコンサルタントとして、多数の公共・民間アート・プロジェクトに携わる。2003年に社会に関わるアート活動に興味をもつ知人らと共に任意団体「アート&ソサイエティ」を設立。著作に『パブリックアート政策』など。環境芸術学会理事を務め、2015年学会賞を受賞。日本女子大学、実践女子大学非常勤講師。


Hiroko Shimizu
副代表| 清水 裕子 Hiroko Shimizu
大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員。南カリフォルニア大学芸術建築科パブリックアート研究科修士修了。当NPOの設立に関わる。パブリックアートのディレクションや関連展覧会の企画に携わる。Stadtkunst Kunststadt(Berlin,2010)、ユネスコ、パブリックアート会議報告 (Paris,2011)、ECO-ART (Finland Pori Museum, 2012)などに執筆。


Takaaki Kumakura
理事| 熊倉 敬聡 Takaaki Kumakura
Ourslab.研究員。元慶應義塾大学・京都造形芸術大学教授。パリ第7大学博士課程修了。これまでフランス文学、現代美術・ダンス、教育現場の変革などの研究・実践。「三田の家」、HUB Kyotoの立ち上げ・運営に携わる。著作に『瞑想とギフトエコノミー』、『汎瞑想』、『美学特殊C』、『脱芸術/脱資本主義論』。
http://ourslab.wixsite.com/ours

Shigeaki Iwai

理事| 岩井 成昭 Shigeaki Iwai
美術家。東京に生まれる。東京藝術大学美術学部修士課程終了。1990年より国内外の特定地域の調査をもとに、映像、音響、書籍、プロジェクト企画運営など、メディアを限定しない表現で作品を発表。近年は異世代間交流や多文化環境におけるアートの役割について、市民ワークショップを通して考察している。「イミグレーション・ミュージアム・東京」主宰。秋田公立美術大学教授。東京藝術大学非常勤講師。
http://iwaishigeaki.com/
イミグレーション・ミュージアム・東京
http://www.immigration-museum-tokyo.org
秋田公立美術大学 http://www.akibi.ac.jp


Tomoko Aratani
理事| 荒谷 智子 Tomoko Aratani
西村画廊や白石コンテンポラリーアートなどの画廊に勤務時代、「モルフェ」(東京)や「谷中アートリンク」(東京)のアートプロジェクトの企画に携わる。その後、(株)タウンアートに勤務しパブリックアートのディレクションを行う。2007年から2012年までARATANIURANOを共同主宰。


理事| 西脇充子 Atsuko Nishiwaki
新潟県出身。武蔵野美術大学大学院造形研究科修士修了。アートの社会性をテーマに民間企業のアートディレクターとして、建築空間における多数の公共事業や民間のコミッションワークに携わる。「谷中アートリンク」におけるアクロバティックサーカスの企画。小学生や18歳以下の身体表現系のワークショップ講師の経験有。


監事| 藤元由記子 Yukiko Fujimoto
早稲田大学大学院博士課程修了。淡交社美術企画部で『パラレル・ヴィジョン』『なぜ、これがアートなの?』『ロダン事典』『ゲルハルト・リヒター』など、多数の美術書を手がける。美術館との共同出版や対話型鑑賞教育の普及により、2008年度西洋美術振興財団賞受賞。2010年に株式会社ブックエンドを設立。環境総合誌『BIOCITY』のほか、『震災とアート』『アイ・ウェイウェイ主義』『マーク・ロスコ伝記』(2018年秋)などを刊行。
http://bookend.co.jp

History

 
2002年 パブリックアートの研究と実践に関わってきた工藤安代と清水裕子が任意団体アート&ソサイエティを設立。
2008年千代田区神田に事務所を開設し、機関紙《Public Art Magazine》の発行や連続レクチャーを開催。
2009年7月 NPO法人アート&ソサイエティ研究センターとして法人化。
2010年 3331アーツ千代田に移転、東京都文化発信プロジェクト室(現アーツカウンシル東京)との共催事業《P+ARCHIVE》事業を展開、全国で実践されているアートプロジェクト(地域・社会に関わるアート)の資料や関連書籍を収集・公開・人材育成を実施。
2010年 都内の「公開空地」を利用したアートプロジェクトに着手。若手アーティストの活動発表の場を提供し始める。
2012年 野外アートイベント「お茶の水アートピクニック」に初参加。毎年ワークショップを継続的に開催。
2013年2月 国際シンポジウム「地域・社会と関わる芸術文化活動のアーカイブに関するグローバル・ネットワーキング・フォーラム」 を開催(国際交流基金の知的交流助成)。
2013年 「ソーシャリー・エンゲイジド・アート」に関する活動を開始、連続トークイベントや研究会を始め、継続的に実施。
2014年11月 《リビング・アズ・フォーム:ソーシャリー・エンゲイジド・アートという潮流》展を開催(非営利芸術団体Creative TimeとIndependent Curators International (ICI)共催、公益財団法人朝日新聞文化財団 特定非営利活動法人Japan Cultural Research Institute)
2015年3月 パブロ・エルゲラ著 『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門』(翻訳書、フィルムアート社)を出版。同月、日本におけるソーシャリー・エンゲイジド・アートの動向を探る公募イベント《SEAアイディア・マラソン》を企画開催。
2015年 茨城県守谷市で活動する「アーカスプロジェクト」のアーカイブ整備事業に参画し、協働で記録資料の調査・公開を実施。
2017年2月-3月 《ソーシャリー・エンゲイジド・アート 社会を動かすアートの新潮流》展を開催。(文化庁、アーツカウンシル東京、資生堂、オランダ大使館、ドイツ文化センターの助成)
2018年7月 ソーシャリー・エンゲイジド・アートに関するアンソロジー『ソーシャリー・エンゲイジドの系譜・理論・実践』(フィルムアート社)を企画出版。