SEA研究会について

アート&ソサエティ研究センターは、今「ソーシャリー・エンゲイジド・アート」と呼ばれる、地域や社会に能動的に関わっていくアートのあり方に注目しています。この種のアートは、欧米では様々な実践活動の蓄積があり、近年はアカデミックな研究領域としても確立してきていますが、日本ではまだ十分に理解が進んでいないように思われます。
私たちは、こういったアートの新しい領域について、理解し考えていくことを目的として、自主的な勉強会「SEA研究会」を始めました。
その第一弾として、ニューヨークMoMAの教育課でアダルト&アカデミック・プログラムのディレクターを務めるアーティストPablo Helgueraによる実践者向けのコンパクトな手引き書『Education for Socially Engaged Art~A Materials and Techniques Handbook』(Jorge Pinto Books, 2011)をテキストとしながら、日本の状況なども見据えて議論・考察し、その記録をこのページで報告していきます。同書のコンテンツは、以下のとおりです。

今後、月1~2回のペースでこの書籍をテキストとしつつ、ソーシャリー・エンゲイジド・アートのフレームについて考えていきたいと思います。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

問合せ先:info@art-society.com(件名に「SEA研究会について」と入れてください。)

Text Book 1:
Education for Socially Engaged Art
— A Materials and Techniques Handbook —

41n8EJUdvDL
第一弾として、ニューヨークMoMAの教育課でアダルト&アカデミック・プログラムのディレクターを務めるアーティストPablo Helgueraによる実践者向けのコンパクトな手引き書『Education for Socially Engaged Art~A Materials and Techniques Handbook』(Jorge Pinto Books, 2011)をテキストとしながら、日本の状況なども見据えて議論・考察し、その記録をこのページで報告していきます。同書のコンテンツは、以下のとおりです。

目次

Introduction はじめに
Ⅰ Definitions 定義
Ⅱ Community コミュニティ
Ⅲ Situations 状況
Ⅳ Conversation 会話
Ⅴ Collaboration 協働
Ⅵ Antagonism 敵対関係
Ⅶ Performance パフォーマンス
Ⅷ Documentation 実践の記録
Ⅸ Transpedagogy 教育を超えて
Ⅹ Deskilling 脱熟練

最新の記事

【SEAラウンドトーク】 卯城竜太(Chim↑Pom)
Vol.6 「道を拓く」



ソーシャリー・エンゲイジド・アート ラウンドトーク
アーティストは今、ソーシャリー・エンゲイジド・アートをいかに捉えているのか?
一線で活躍するアーティストによるトーク&ディスカッション・シリーズ

Vol.6 「道を拓く」 

2005年に結成されたアーティスト・コレクティブChim↑Pomの卯城竜太(うしろりゅうた)さんをゲストに迎えます。Chim↑Pomは、渋谷センター街で捕獲したネズミをピカチュウそっくりの剥製にした「スーパーラット」でデビューして以来、つねに現代という「状況」に反応し、独創的な手法で介入するプロジェクトを国内、海外で展開しています。最新作は「道」。国立台湾美術館で開催中のアジアン・アート・ビエンナーレ2017(2018/2/25まで)の出品作として、美術館の外の公道から館内に至る長さ200mのアスファルト道をインスタレーションしました。公道も国立美術館も公共の場ですが、それぞれに異なるルールがあります。Chim↑Pomの道は、公道とも国立美術館とも違う新たなパブリックスペースとして独自のレギュレーションを設定。それによって路上はさまざまなことが可能な場となり、パフォーマンスやプロテストやDJ、グラフィティなどが繰り広げられました。今回、卯城さんにはこのプロジェクトを中心に語っていただき、「道」をめぐって「パブリック」の意味を問い直します。

開催概要

日 時 2018年2月23日[金]19:00–21:00
会 場 上野・御徒町貸会議室 東京都台東区上野3-7-3 SDビル5階
(https://bmt-group.jp/kaigishitsu/ueno_okachimachi)
(前回と会場が異なりますのでご確認の上、ご来場ください)
定 員 20名(先着順) 
参加費 800円(コーヒー/資料代込)

ゲストプロフィール

Chim↑Pom[アーティスト集団]
卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀が、2005年に東京で結成したアーティスト集団。時代のリアルを追究し、現代社会に全力で介入したメッセージの強い作品を次々と発表。世界中の展覧会に参加するだけでなく、自らもさまざまなプロジェクトを展開する。2015年アーティストランスペース「Garter」を東京にオープンし、同時代のさまざまな表現者たちの展覧会もキュレーションしている。また、東京電力福島第一原発事故による帰還困難区域内で、封鎖が解除されるまで「観に行くことができない」国際展「Don’t Follow the Wind」の発案とたちあげを行い、作家としても参加、同展は2015年3月11日にスタートした。以来、最近はさまざまな「ボーダー」をテーマにしたプロジェクトも展開しており、2017 年には、メキシコと アメリカの国境沿いで制作したプロジェクト「The other side」を発表。2015年、Prudential Eye AwardsでEmerging Artist of the Yearおよびデジタル・ビデオ部門の最優秀賞を受賞。
Chim↑Pom:http://chimpom.jp/

お申込み

下記のGoogleフォームよりお申込ください。
https://goo.gl/forms/e19Sve2LBDVdatqi2

フライヤー(PDF)のダウンロード


主催:NPO法人アート&ソサイエティ研究センター

| |