パブロ・エルゲラ著 Education for Socially Engaged Art
 — A Materials and Techniques Handbook —

ソーシャリー・エンゲイジド・アートを学ぶ人、教える人、実践する人の必携書!



ソーシャリー・エンゲイジド・アートとは、アートはもちろん、教育学、社会学、言語学、コミュニケーション学などさまざまな分野を横断したアクティビティである。他の分野で得られた知見を活用しながら、プロジェクトを組み立て、コミュニティと深く関わり、社会にポジティブな影響を与えると同時に、アートとしての役割を失わないための、知識とテクニック、そして心構えを説く。

41n8EJUdvDL<著者紹介>
Pablo Helguera 1967年メキシコシティ生まれ。ニューヨーク在住。ビジュアル&パフォーマンス・アーティスト、教育者、著述家として幅広く活動し、2007年からはニューヨーク近代美術館(MoMA)の教育課でアダルト&アカデミック・プログラムのディレクターを務めている。同時に、ソーシャリー・エンゲイジド・アートを教育に結びつけて推進する第一人者でもあり、2011年に出版した『Education for Socially Engaged Art:A Materials and Techniques Handbook』をは、アートスクールや大学の教材として広く採用されている。






日本語訳『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門』が2015年3月23日
フィルムアート社より出版!



SEA入門書 Socially Engaged Art
ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門  
アートが社会と深く関わるための10のポイント  
2015年3月23日(月)フィルムアート社より発売!  
パブロ・エルゲラ=著
アート&ソサイエティ研究センター SEA研究会=訳
本の詳細

| |