ART & SOCIETY RESERCH CENTER

P+ARCHIVE

About

活動紹介

取り組んでいること

日本各地で取り組まれている多様な現在進行形のアート活動で残される記録を、整理・保存・活用するために様々なアーカイブ活動を行っています。

プロジェクト|Projects

創造の背景やプロセスを伝える記録資料を保存していくことは、第三者がその活動を理解できるものとなります。またそれは、主催者にとっても次の活動に活かしていくための貴重な資産だといえます。
しかし、活動現場の現状は、マンパワーや資金不足につねに直面し、活動を通じて作成される多様な形態の資料は散逸しがちです。私たちは、様々なプロジェクトの現場ごとに実践可能な方法を考案して、アーカイブ構築に取り組んでいます。


「プロジェクト」の事例はこちらのページをご覧ください。

知る・学ぶ|Programs & Learning

社会と関わりを強くもつアート活動は、わたしたちの社会の文化環境をより多様で豊かなものへ変えていく社会的意義をもち、その知の蓄積はこれからの文化資源となっていきます。
この課題にたいする課題と具体的な解決のための手法を普及させるために、さまざまな観点から「地域・社会と関わるアート」のアーカイブの意味と価値への認識を高める教育支援活動を実施しています。


「知る・学ぶ」の事例はこちらのページをご覧ください。

発行物|Publications

実施したプロジェクトや講座の内容を広く共有するために、冊子として発行しています。冊子原本は無償で配布提供しており、サイト上ではPDFデータのダウンロードが可能です。


「発行物」の一覧はこちらのページをご覧ください。