「マディソンスクエア・パーク」のパブリックアート・プログラム
  Madison Square park – Public Art Program
  ―都市公園とコンテンポラリー・アート―

マディソンスクエア・パーク

マディソンスクエア・パーク


マディソンスクエア・パークは、ニューヨーク市マンハッタンのマディソン街とブロードウェイに挟まれた23丁目~26丁目に位置する都市公園だ。その広さは25,000㎡で、およそ東京の日比谷公園の約1/6程度の面積しかない。しかし、歴史的な建築として有名な「フラット・アイアンビル」(1902年竣工)や「エンパイア・ステートビル」(1931年竣工)がすぐ側に見えるという抜群なロケーションにある。スポーツアリーナやコンサート会場で有名な「マディソン・スクエア・ガーデン」とよく勘違いされるが、ミッドタウンの落ち着いたエリアにあり、都会的な雰囲気のある公園だ。ここを管理するのは「マディソンスクエア公園管理局(The Madison Square Park Conservancy)」という非営利管理団体で、ニューヨーク市公園局と連携して、公園内の植栽のメンテナンスや安全管理はもちろんのこと、文化芸術プログラムを実施しているのが特徴だろう。

公園としてのヒストリー
マディソンスクエア・パークは、ニューヨークの中でも活気の溢れる公園の1つだが、今日の姿に至るまでには地元の人びとによる努力の積み重ねがあった。
第4代大統領ジェイムズ・マディソンからその名がつけられ、1847年から都市公園としての長い歴史を持っている。19世紀の終わり頃、この周辺はマンハッタンで最も高級なエリアであったが、1990年代に公園は荒廃していった。ここまではマンハッタンの主要な公園によくある歴史だといえる。実際、数ブロック上にあるもう一つの人気公園の「ブライアント・パーク(Bryant Park)」も同じような憂き目に合い、一時は麻薬と犯罪がはびこる恐ろしい場所に陥ってしまった。マディソンスクエア・パークも、それまでの美しく歴史的な景観は破壊され、うす暗く危険な公園へと変わってしまったのだ。

整備の行き届いた美しい芝生

整備の行き届いた美しい芝生


この問題を解決するため、都市公園財団(マディソンスクエア・パーク管理局の前身)は公園再生のキャンペーンを行なった。その結果、メトロポリタン生命保険、ニューヨーク生命保険などの企業や個人から600万ドルの寄付が集まった。さすが寄付文化が根ざしたアメリカだという声があがるところだが、その後、マディソンスクエア・パーク管理局に変わってからも公園のメンテナンス費用として400万ドルを集めている。
その資金をもとに、公園を19世紀当初の美しいランドスケープに修復し、再びマンハッタンの生活の中心の場となるべく努力を続けた結果、青々とした芝生が再生され、色とりどりの花々や低木などの植栽が戻り、噴水は新たな水循環方式に変わった。さらに新しいエントランスや歩道、街燈も整備されていき、新生したマディソンスクエア・パークは新たな住民を呼び寄せていった。こういった努力の積み重ねにより、再び人びとが行き交う活気を取り戻し、安心して憩える空間に生まれ変わったのだ。

公園内の子供の遊び場

公園内の子供の遊び場


今では、「Shake Shack」という人気のハンバーガー店(New Yorkマガジンで“ベスト・バーガー” (2005年)に選ばれた)に人が集まり、屋外のテラス席ではビールやワインを飲む姿を見ることができる。子供の遊び場はもちろんのこと、愛犬用の「ドッグラン」も整備され、さらに(最近ではめずらしくなくなったが)無料のWi-Fiが整備され、ニューヨーカーに重宝されているようだ。


パブリックアート・プログラム
ゆったりした雰囲気のこの公園には、もう一つユニークな文化プログラムがある。公園に現代アート作品をインスタレーションしていくパブリックアート・プログラムで、マディソンスクエア・パーク管理局がマネジメントしている。このプログラムは、国際的に著名なアーティストやまだ経験の浅い新人アーティストを招聘して、公園にために新たに作品を制作してもらうという、いわゆるコミッション(委託制作)方式が取られている。展示期間は約3か月程度で、パーマネント(恒久的)な展示と異なり、テンポラリー(期間限定的)なプログラムで、世界でも一番といえるほど刺激が多いこの街の人びとを引き付ける工夫がなされている。

このプログラムがはじまった当初、2000-2003年の3年間は、NYの老舗的な非営利芸術団体である「パブリックアート・ファンド(Public Art Fund)」が運営を担っていた。トニー・オースラーやダン·グラハム、マーク・ディオン等の大物アーティストが招聘され、大いに話題を集めた。その後、アートプログラムの担当者を管理局内に置くこととなり、これまでにマーク・ディ・スベロ(2005年)、ソル・ルウィット(2006年)、ロキシー・パイン(2007年)、リチャード・ディーコン(2008年)、川俣正(2008年)、ラファエル・ロサノ=ヘメル(2009年)、アントニー・ゴームリー(2010年)、ジェウメ・プレンサ(2011年)、レオ・ビジャレアル(2013年)等の大物アーティストにコミッションを依頼している。

気になるのはその運営資金だが、ニューヨーク文化部門から公的サポートを受けている他に、多くの民間企業や財団、基金などからの寄付によって成り立っているという、街のなか芸術活動へのサポートが少ない日本と比較すると羨ましい限りだ。
このプログラムに関して、行政側の評価もまずまずで、たとえば、現代のメディチとも言われアート擁護派で有名なブルームバーグNY市長は、「マディソンスクエア·パークは、ニューヨーカーや観光客が好む場所となった。これにはコンテンポラリー・アートプログラムが大いに貢献している。」とご満足の様子だ。

マディソンスクエア・パークのパブリックアート・プログラムの詳細については、「マディソンスクエア・パーク管理局(The Madison Square Park Conservancy)」のHPを参照の事。



Orly Genger’s “Red, Yellow and Blue” (2013) at Madison Square Park
(2013年5月2日〜9月8日まで)

Red, Yellow and Blue (2013)

Red, Yellow and Blue (2013), Orly Genger


2013年5月には、オルリー・ジェンガー(Orly Genger)(※1)による『Red, Yellow and Blue』が展示された。作品タイトル通りに赤、黄、青といったカラフルな彫刻的インスタレーション作品だ。公園全体に海の波のようにうねる140万フィート(約426.72km)のロープが創る造形で、マンハッタンのほぼ20倍の長さに及ぶ再利用のロープが使用されたというから驚きだ。3500ガロン(約13,230ℓ)の塗料を使い、完了までには2年以上かかったという。ここでの展示が終わる9月の後は、ボストン郊外にある『deCordova Sculpture Park Museum』に移設される。

作品のそばで憩うニューヨーカーたち

作品のそばで憩うニューヨーカーたち


『Red, Yellow and Blue』は、季節の花々に彩られ緑の木々に覆われたこの公園の中に“上質な介入”をし、公園の景観を鮮やかに変質させている。
解説によると、この作品タイトルである、Red, Yellow,Blueは単に作品の色を表わしているのではなく、「カラーフィールド・ペインティング」でその名を知られるバーネット·ニューマンによる1960年代後半のシリーズ作品『Who’s Afraid of Red, Yellow and Blue?』からヒントを得ているという。ジェンガ—は、リチャード·セラやフランク·ステラのミニマルリズムの伝統を踏襲しつつ、かつ彼女自身の美学を追求しているようだ。
加えて、作品素材であるロープを“編む”という行為は、どこか親密でドメスティックな女性性を感じさせ、女性の表現の一つであった手芸の伝統を思い起こさせる。しかしその一方で作品のスケール感やモノリシックな表現は“男性的”で揺るぎのない構造を同時につくりだしているといえるだろう。

Red, Yellow and Blue (2013)

Red, Yellow and Blue (2013), Orly Genger


(※1)オルリー・ジェンガー Orly Genger(1979〜)
ニューヨーク市ブルックリン在住。2001年ブラウン大学から学士号を取得、2002年シカゴ・アート・インスティテュートで学ぶ。



(文:Yasuyo Kudo)

| |

アンドレア・ジッテル インタビュー / ハイデザート・テストサイトの軌跡

磯山智之

ロスアンジェルスから東へ約220キロ、フリーウェイ10号線から分岐した62号線は、北へ向かい一気に高度を稼いだあと、ジョシュアツリー国立公園の北端を縫うように東進する。南側には海抜150mから1500mに跨がる国立公園の砂漠の奇観が続く。アンドレア・ジッテル1主催の『ハイデザート・テストサイト』(HDTS)は、このフリーウェイに沿って点在する砂漠のコミュニティを舞台にした壮大なアート・プロジェクトである。恒久的な作品の設置だけでなく、毎年夏には期間限定の展示やイベントも数多く行われ、地元には現代美術のひとつのありようとしてすっかり定着した。

しかし、HDTSを体験するのは容易ではない。一番西のサイトから一番東のサイトまで直線距離で80キロ以上、すべてを見ようとすれば2日あってもたりない。ましてや、いくら地図があるといっても、目印の少ない灼熱の砂漠で目的のサイトに一発で辿り着くなんて不可能に近い。行ったり来たり、砂漠の只中で道に迷うこともHDTSの醍醐味である、とアンドレア自身も言っている。

2000年にジョシュアツリーに住居を構えて以来、アンドレアと友人達とともに私財を投じて近隣の土地を購入し、アーティスト達に表現の場を提供してきた。何が彼女を突き動かし、何を彼女はこの砂漠の酷い照り返しの下で見てきたのだろう。七年に亘るHDTSの活動をアンドレアに振り返ってもらった。


Allen Compton (from HDTS 3) / Photo credit: none

Read more…

| |

長澤伸穂「隠された宝探し」 インタビュー

現在、アジアン・アメリカン・アーツセンターで学生と共に「隠された宝探し」と称した企画を展示中の長沢伸穂さん。各々が「発掘調査」したチャイナタウンにまつわる宝物語りを、多様に視覚表現し、コミュニティーとの関わりの中で展開する。小柄で華奢そうな印象とは対照的に、世界を舞台に制作活動を行うエネルギッシュな活動派。本展を機に、彼女のアート、これからの抱負について語ってもらった。


長澤伸穂「Her render」, アラブ首長国連邦、シャルジャ・ビエンナーレ(2003年)

Read more…

| |

NYにおけるパブリックアート非営利団体の活動報告

アジアン・アメリカン・アーツセンターで学生と共に「隠された宝探し」と称した企画を展示中の長沢伸穂さん。彼女のアート、これからの抱負について語ってもらった。

2003年冬、NYを拠点に活動する2つのパブリックアートの活動を含めた非営利団体ついて簡単に話を聞く機会がもてたことから、レポートしていく。一つは、昨年夏、NYロックフェラーセンターに村上隆の彫刻をしかけたことが記憶に新しいNYを拠点にパブリックアートのコーディネートをしている非営利団体Pblic Art Fund(以下PAF)。もうひとつは、日本に進出しているアメリカ企業およびアメリカに進出している日本企業からの寄付から成立つ非営利団体Japan Societyである。


Read more…

| |

Graffiti Behind the Wall-塀の中のアーティストたち

ニューヨークにおける2つの非営利芸術団体「パブリックアート・ファンド」、「ジャパン・ソサイエティ」の報告。

2003年も大詰めの忙しい時期に、無理を言って写真家デニス・コールウッドと陶芸家ケイコ・フカザワ夫妻の自宅を訪ねた。お手製のグラフィティシャツを身にまとった2人に案内され家の中に入ると、何ものかわからない力に圧倒された。リビングやダイニングのあちらこちらに彼らの作品が並べられている。壁には写真とグラフィティのコラージュ、床には青や白、黄色を基調とした大皿や壷がある。鑑賞するうちに、そのひとつひとつがコラボラティブ・ワークであり、その作品に関わった一人一人の存在感が全面に溢れ出ていることに気付いた。これだ!と思った。こんなにも力強いアートワークに出会うのは久しぶりな気がする。そしてそれらは、いわゆる道を外してしまった若者たちとデニス、ケイコとのアーティスト対アーティストとしての真剣勝負なのだ。


Read more…

| |

“flash mobs” 世界中で出没するネット群衆

2003年の6月末にNYではじめて出現し、あっという間に世界中に伝染し大流行したflash mobsインターネットやe-mailを通じて組織化されたパフォーマンス・イベントとは?

どこからともなく湧いてきたような100人を超える人々が急にニューヨーク市内にあるデパートMacy’sの家具売場に出没した。そのラグ売場で、自分たちが共同生活をしている郊外のロフトのためラグ(love rugsという名前)を探し、みんなで議論する(ふりをする)。担当者が困惑し、10分過ぎたところで急に全員立ち去った。
NY初のflash mobs、Macy’sにて、2003年6月

Read more…

| |

現代パブリックアートにおけるメモリアルの論争点

Controversies Related to Memorials in the Contemporary Public Art

マヤ・リンによるベトナム・ベテランズ・メモリアルとレイチェル・ホワイトリードによる
ホロコースト・メモリアルの比較検証
Comparative Analysis of Maya Lin’s Vietnam Veterans Memorial and Rachel Whiteread’s Holocaust Memorial

工藤 安代 Yasuyo Kudo

Read more…

| |

参加型のパブリックアート Vol.8 <移民、ホームレス、教育>

クシュシトフ・ウディチコ“ エイリアンの杖”
1992−96

自らもワルシャワに生まれ、カナダ、アメリカへと移民した体験があるウディチコが、パブリックな場で声を発する機会のない都会の周縁部に住むホームレスや移民の人々が「語ることを可能にする道具」を制作した。

パブリック・スペースは、本来、特定の人のみに俗さず、すべての人々に開かれただれもが使い、自由に意見交換できる場所であるはずだが、ホームレスや移民、難民の存在は、このような真の意味での公共空間が現代では欠如していることの示している。
現代は、コミュニケーション技術が飛躍的な進歩を遂げ、グローバルに爆発的な広がりをみせる一方で、コミュニケーションにおける文化的背景の違いによる誤解、外国人に対する排斥や対立も数多く見受けられる。
杖を動かす人は、何か?と近づいて来るすべての人々の間の媒体となり、かれらの話をすべて録画、録音することができる。漂民というo験を通じた経験、要求、政治的、心理的、倫理的な葛藤をさらけ出し、文化的な背景や記憶を呼び戻し、自身の過去へのつながりを再構築するためにも使うことができる。
このコミュニケーションのプロセスを通じて、人の想いを聞き、また自分の中にある疎外感、違和感をさらけ出すことによって、個人の存在に自信を取り戻すこと、さらには本来のパブリック・スペースが再構築されることを目指している。

聖書の中の羊飼いが持っているような杖に、小さなモニターとスピーカーがついたもの。モニターには、予め録画された杖を動かす人の個人的な体験が映し出される。また、柄の部分にはその人の思い出の品々が収められている。

<Porte-Parole>は、スピーカーと小さなモニターがついた道具で、口にはめて使う。その声は、予め録音され編集されたその人の声明や物語に遮られるかまたいっしょになって聞こえてくる。
通常、「Porte-Parole (ポータブルお話器)」といった他の道具と共に、2-3人のグループで現れて、興味を持って近づいて来る人々とのコミュニケーションをはじめる。

<ホームレス・ヴィークル> 1988-89
ホームレスの人々が生活できる最低限の機能を備えたカート。伸縮性で、伸ばせば横になることもできる。ホームレスという状況をより顕在化して、それに対する意識をより深めるための批判的な表現である。

| |

参加型のパブリックアート Vol.7 <環境、ゴミ>

ミエーレ・レーダーマン・ユークレス“ フォロー・シティ”
ニューヨーク, 1983−91

—ニューヨーク市衛生局とのコラボレーション—

ユークレスは‘70年代から、ニューヨーク市の行政機関である衛生局の“アーティスト・イン・レジデンス・アーティスト(滞在して制作活動を行なうアーティスト)”となり、衛生局の協力のもとで 25以上のアートワークに携わっている。プロジェクトを通して、ゴミの問題をもっと自分たちのものとして捉え直すこと、そしてゴミの収集処理にまつわるさまざまな問題を扱っている。

<フロウ・シティ>
ニューヨーク衛生局は‘80年代初め、ゴミ処理シムテムの改修事業を始めた。施設はハドソン川の最も美しいエリアであるジョージ・ワシントン橋と自由の女神の間に位置している。 マンハッタン中のゴミを満載したトラックが集まり、施設からそのゴミが船によって埋立処理場へと運ばれて行く。
ユークレスは、エンジニアと共にこの場にパーマネントのパブリックアートを提案した。 “フロー・シティ”プロジェクトは2年を要し、人々が訪れゴミを処理する過程を実際に見るということをアートワークのなかに取込んだ計画した。
歩道ランプがガラス製のブリッジへと繋がってゆき、ブリッジから見学者はごみ処理の作業過程を見学できる。ブリッジの壁はガラス窿プラスチック、ゴムや木などのリサイクル可能な素材で出来ている。

現代消費社会が一生懸命ゴミとなる物を買うために働き、処理しきれないほどのゴミを放出していること。その努力の末に得た物を目下に運ばれて行くゴミとして再び見ること。そして考えなしでリサイクル可能なすべての素材を一緒に荷船に捨ててしまうことの愚かしさに気づいてもらうために、処理工程作業の流れを見れるように計画された。

ブリッジの終わりに“メディア・フロー・ウオール”というクラシュ・ガラスで出来た壁面がある。24のモニターがセットされており、施設の内外にあるカメラからのライブ映像や一般的なゴミ問題を流している。ハドソン側の川面の下流・中流・上流を接写し、マンハッタンに現在生息している30種の魚が生きる川中を写し出し一方、埋立処理場であるフレシュ・キルズ・ランドフィルにおけるゴミの蓄積をドキュメントしている。いかにゴミ処理場が地球全体のシステムにリンクしているかという事実を3種の映像がつくりだしている。

<The Social Mirror>
ゴミ収集車の車体を鏡張りにし、今収集しているゴミを出し続ける街や人々を映し込むイヴェント。

<Touch Sanitation>
約8,500人のゴミ収集職員と握手をし、
「ニューヨークの街をきれいにしてくれてありがとう。」と伝えるパフォーマンス。

| |

参加型のパブリックアート Vol.6 <労働環境>

サイモン・グレナン&クリストファー・スペランディオ“ We Got It!”
シカゴ, 1991−93

キャンディーの世界的首都と呼ばれているシカゴで、アーティストと工場の労働者が協同で、彼らのメッセージを込めたオリジナルキャンディーバーを開発したプロジェクト。アーティストはクリエイティブ・チームのディレクターとしての役割を担った。

グレナンとスペランディオは、常にユーモアと身近な題材を使い、さまざまな現場で働く人々に注目し、労働者の環境について新たな視点で考える参加型のプロジェクトを数多く行ってきた。
“WE GOT IT!” では、生産性と企業イメージだけが強調され、常に無機的な製造ラインで働く労働者、流通の段階では個々の顔がみえない製造者の存在に光をあてたいと考えた。そして、チョコレート工場、たばこ工場の労働者ともに、オリジナル・キャンディーバーを製造、管理、流通まで一貫して行い、これらの体験を通じて、労働者が企業内の全体経営を理解し、管理者、労ュ者間のより円滑な対話が成立し、企業にとっても労働者とコミュニティとのより良い関係について考える契機になることを目指した。

この提案は、本社から却下され、製造場所、流通先を見つけるのに非常な困難を伴った。そこで、商業製品として販売し利益を追求するという初期の戦略を変更して、労働階級が直面する問題についてのメッセージを持った製品として、より広く人々の手元に渡る作品とした。このメセージは、オリジナル・キャンディバーとともに組合員に手渡された。

代表者12人は、企業の許可を得て、一週間で40時間のワークショップを行い、
労働と家庭生活、個人と会社、消費者とマーケティング戦略の関係についてアーティストとともに議論した。この作品は労働環境を批判するためのものではなく、むしろ労働者の存在を世に知らしめるという目的に基づいており、従来のモニュメントとの全く異なる手法で、労働者の立場が顕在化された。また、制作の過程で、アート作品の持つパワーを確認して、参加者は労ュ者としてのプライドを共有することができた。

| |