【SEA展レクチャー・シリーズ】
トーク・セッション「都市=わたしたちの場所」

SEAtalk0219_PF_01

本展参加作家のなかから、実際の都市空間に深くコミットして活動するアーティスト3組によるトーク・セッション。
都市を自分たちの公共空間としていくための活動や戦いは世界中でおこっている。その手法は各国の都市計画事情や参加型の住民運動のあり方によって多様である。しかし、アーティストが自らの創造性をもって都市に介入しようとする意志は共有されている。このトーク・セッションでは、都市に深くコミットしてきた3組の本展参加アーティストがそれぞれのプロジェクトやその方法論について語り合い、公共空間の本来の意味について議論する。

トークセッション 「都市=わたしたちの場所」
登壇者:パーク・フィクション/マルギット・ツェンキ/クリストフ・シェーファー、藤元明、笠置秀紀
Talk Session – “City as Our Place”
Speakers: Park Fiction / Margit Czenki / Christoph Schäfer, Akira Fujimoto, Hidenori Kasagi (mi-ri meter)
2月19日(日)14:00〜16:00
会場   アーツ千代田3331 (1階メインギャラリーをツアー後、ギャラリーBにてトークセッション)
定員   50名(先着順 事前申し込み不要) ※通訳付き|通訳:池田哲
参加費  500円(メインギャラリーの展覧会を鑑賞される方は、入場券が必要です)

|出演者紹介|

パークフィクション/マルギット・ツェンキ/クリストフ・シェーファー
Park Fiction / Margit Czenki / Christoph Schäfer
1995年、ハンブルク(ドイツ)港湾地区に面した貧困地区ザンクト・パウリの開発計画 に反対してコミュニティ・プロシェクトを開始。住民による港湾委員会とアーティスト(クリストフ・シェーファー)、映像作家(マルギット・ツェンキ)か主導し、単なる抗議運動ではなく、住民とともに開発予定地を、ゲーム、ピクニックやフェスティバル、展示、集会などに利用し続けた。また “プランニング・キット”をつくり、近隣を回って、住民から要望を集め、実際の公園計画を作成。その結果、2005年、市は計画を断念し、彼らの公園が実現した。本展ではそのプロセスや手法の全貌を紹介する。現在も同地区で市民と分野横断的な専門家による開発事務所(Plan Bude)を運営している。

藤元明
Akira Fujimoto
1964年の東京オリンピックから50年以上経た今、2020年の東京オリンピックのみに注目されているが、過去の歴史から学ぶならば、私たちはさらにその先に目を向けるべきなのではないだろうか。そんな人々の意識の変容を促す簡潔なアイコンとして「2021」を提示し、社会現象を的確な視点で作品化する。 また、藤元が藤崎了一とともに2015年に発足した「ソノ アイダ」では都市の空き家や改築・立て直しの「その間」に、アーティスト達がその場所に新たな時間と空間を作り出す活動で、変化の渦中にある東京の街をアーティストやアクティビスト達のアクションの場に変えていこうという計画である。

ミリメーター/笠置秀紀
mi-ri meter
2000年、宮口明子と笠置秀紀によって活動開始した建築・デザインユニット。ミクロな視点と横断的な戦術で都市空間や公共空間に焦点を当てた活動を続ける。今回の「URBANING_U(アーバニング・ユー)都市の学校」は、私たち個人個人の都市空間、公共空間に対するリテラシー(読み解き能力)を醸成し、自らの手で空間を取り戻し、私たち(不特定多数)の場所を「私の場所」にすることを目的とした、ラーニング・プログラム。開校では「都市を血肉化せよ!」と題したプレスクールを開催。雑居ビルの屋上を拠点として、1泊2日の集中合宿を行い、非日常的な都市体験を通じて、都市空間と「私」との関わりを考察・議論をする。

フライヤー(PDF)のダウンロード


『ソーシャリー・エンゲイジド・アート展:社会を動かすアートの新潮流』

| |

【オープニング記念講演】
ペドロ・レイエス「アートと武装解除:《銃をシャベルに》の背景」

SEAtalk0218_PR_

本展に出品されている《銃をシャベルに》は、2008年から継続するSEAの代表的プロジェクトのひとつ。メキシコ出身のレイエスは、麻薬取引の拠点で発砲事件の絶えない同国の街クリアカンで、市民から銃を回収し、集まった銃を熔解してシャベルをつくり、世界各地で植樹と展示を行ってきた。「自分にとってアートとは本質的にネガティブなものをポジティブなものに変える方法を見つけることであり、社会や人々の意識を変えるような作品を作りたい」と語るように、レクチャーでは、アートの力で武器のない社会をめざすレイエスの思想や近年の活動をきく。トランプ大統領の就任で揺れる国際社会への言及も注目。

【オープニング記念講演】ペドロ・レイエス「アートと武装解除:《銃をシャベルに》の背景」
Special Lecture – Pedro Reyes “Art and Disarmament”
2月18日(土)14:00〜16:00
会場   アーツ千代田3331 (1階 ギャラリーB)
定員   20名(先着順 事前申し込み不要) ※通訳付き|通訳:池田哲
参加費  無料(メインギャラリーの展覧会を鑑賞される方は、入場券が必要です)

フライヤー(PDF)のダウンロード

| |

オルタナティブなアートスペースとは?

美術館やギャラリーといった“ホワイトキューブ”を脱し、新しい表現を育む機能を果たしているといえる「オルタナティブ・スペース」。運営主体や空間規模が多様であり、既存の倉庫やビル、家屋、学校などをリノベーションし、利活用しているケースが数多くみられます。それゆえ、ジャンルを超えた表現活動にも、自由で柔軟な対応が可能となり、実験的で先鋭的な表現のインキュベーション機能を担っているといえるでしょう。
今回のトークでは、米国の事例を歴史的に研究している登久希子氏と自身もオルタナティブ・スペースを運営している青木彬氏をお招きし、現代におけるオルタナティブ・スペースの可能性をお話しして頂きます。

160923 AS talk PM ver.

オルタナティブなアートスペースとは?[Case Study:米国と日本]
トーク
登 久希子(国立民族博物館・外来研究員)
青木 彬(インディペンデント・キュレーター)

2016年9月23日(金)19:00-20:30
会 場:アーツチヨダ3331 B105マルチスペース 
定 員:30名(先着順) 
参加費:無料(団体への寄付は任意)

【お申込み方法】
「氏名/所属/同伴者の人数を本文中に明記いただき、タイトルを「9/23トークイベント参加申し込み」として下記メールアドレスにお申し込みください。
Email: info@art-society.com

フライヤーのダウンロードはこちらから

| |

下野新庁舎アートワーク『ふくべたちの庭』完成記念トークイベント

この度、アート&ソサイエティ研究センターでは、新市庁舎のためのパブリックアートをディレクションいたしました。
21世紀、日本社会におけるパブリックアートのすがたはどんな形なのでしょうか?20世紀までのすがたを「1.0」とすると、これから求められるすがたは「2.0」とたとえることができます。
1.0が作品ありき、完成で終わりのあり方だとすると、2.0では「市民生活」がキーワードです。できあがった後にも市民といかに関わりを持てるか、人びとと“つながる”の視点が大切になります。新市庁舎を訪れる市民のために、どんなアートワークが必要か。本トークでは、建築と広場の設計者と共にアーティストたちからその声を聴き、現代社会のパブリックな空間におけるアートワークのあり方を探ります。

fukube0513

ひらかれた広場にむけた “ 2.0 ” のアートワークをつくる
~アート・ローカリティ ・エンゲイジ ・人びと ~

会 場:アーツチヨダ3331 B1マルチスペース 
定 員:30名程度 
参加費:無料(懇親会にご参加の場合は1,000円)

トーク参加者
香月卓也(佐藤総合計画、下野新庁舎設計者)
新井敦夫(SORA Synesthetic Design Studio代表)
菅野麻依子(アーティスト)
松本大輔(ライティング・アーティスト)
清水裕子(A&S アート・ディレクション)
モデレーター:工藤安代(A&S 代表理事)

【お申込み方法】
「氏名/人数/連絡先/懇親会の参加希望の有無」を本文中に明記いただき、タイトルを「アートワーク完成記念トーク・イベント参加希望」として下記メールアドレスにお申し込みください。
Email: info@art-society.com

フライヤーのダウンロードはこちらから

| |

2013:Art & Society 連続トーク・イベントVol.3のお知らせ

ストリート・アート(グラフィティ)は、一方で、アクティビズムと結びついた社会的メッセージとして、また一方で、ヒップ・ホップ・カルチャーと結びついた自己表現として、世界各地に広がり、さまざまなかたちで出現しています。
中でもラテン・アメリカは、今もっとも革新的なストリート・アートが生まれている地域と言われています。今回、日本ではあまり知られていない、南米コロンビアの首都ボゴタのストリート・アートを紹介します。

0830 連続トークNo.3

『都市空間を覆い尽くすストリート・アート~南米・ボゴタの街を歩いて~』
トーク 秋葉美知子(NPO法人アート&ソサイエティ研究センター研究員)
2013年10月11日(金)19:00-21:00 
会場:3331アーツチヨダB1階 準備室

定員:15名(先着順)参加費無料
お申込み&お問合せ先:info@art-society.com

ボゴタのストリート・アートを紹介したレポートも是非ご覧ください。
http://www.art-society.com/report/20130826.html

| |

2013:Art & Society 連続トーク・イベントVol.2のお知らせ

今年で55回目を迎える「ヴェネツィア・ビエンナーレ」。現代美術の国際美術展覧会として120年ほどの歴史をもち、なおも世界の美術動向に大きな影響を与え続けている。そして、毎年恒例の世界一のアートフェアとして知られる「アート・バーゼル」。今やスイスの古都バーゼルは、現代アートビジネス界の中心的都市として不動の地位を獲得し、フェアーには世界各国から有名コレクターや美術館のキュレーターなどが集まる。
この二つの巨大アート展について、コンテンポラリー・アートのギャラリストとしての経験をもつ荒谷さん独自な視点から語っていただく。

A&Sトーク20130809

『ヴェネチア・ビエンナーレ&アートバーゼル報告会』
トーク 荒谷智子
2013年8月9日(金)19:00-20:30 
会場:3331アーツチヨダB1階 準備室

定員:15名(先着順)参加費:1,500円(軽食代含む)
お申込み&お問合せ先:info@art-society.com

| |

2013:Art & Society 連続トーク・イベントのお知らせ

社会に深く関わるアートである「ソーシャリー・エンゲイジド・アート(Socially Engaged Art) 」について、1990年代〜現代までの歴史的な流れを具体的なアーティストのプロジェクトを紹介しつつ解読していきます。
アメリカの事例から、何を学べるのか?応用できるのか?アートが社会にエンゲイジメントする方法とは? 
トークでは、菊池さんがアメリカで手がけたプロジェクトや、「ソーシャリー・エンゲイジド・アート」を教育の現場で取り入れる手法を紹介したパブロ・ヘルグエラ氏の著書も含めて話を進めていく予定です。

PowerPoint プレゼンテーション

『アートの仕掛け:アートを道具とした新しい姿のコミュニティづくり』
トーク 菊池宏子(コミュニティデザイナー)
2013年7月25日(木)19:00-20:30 
会場:3331アーツチヨダ3階 302Room

定員:30名(先着順)参加費無料
お申込み&お問合せ先:info@art-society.com

| |

国際シンポジウム 地域・社会と関わる芸術文化活動のアーカイブに関する
グローバル・ネットワーキング・フォーラム|終了報告

「国際シンポジウム 地域・社会と関わる芸術文化活動のアーカイブに関するグローバル・ネットワーキング・フォーラム」は大勢の方にご参加いただき、無事終了しました。

シンポジウムについての概要はこちらをご覧ください。

アメリカ、韓国、ドイツ、そして日本から文化芸術活動のアーカイブの専門家の方々を招聘した国際シンポジウムが、2013年2月13日に国際交流基金 JFICホール「さくら」にて開催されました。

参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました!
また、シンポジウム開催に際して、多くの方々より多大なご支援をいただき、心より御礼申し上げます。

ディスカッションの様子

ディスカッションの様子


それぞれのスピーカーのトークセッション、そしてディスカッションと大変充実した内容となりました。
今後、今回の国際シンポジウムの内容をまとめた記録集を作成する予定です。
詳細は改めてお知らせいたしますので、当日ご参加いただけなかった方もどうぞご期待ください。

国際シンポジウム会場の様子

国際シンポジウム会場の様子

(写真:© Haruka Hirose)

| |

インフォーマル レクチャー Vol.12

われわれは今「公的な空間」をどこに求めればよいのでしょうか。アートを通じて国際的にパブリック・スペースの可能性を探ってきた2人のファシリテーターを迎え、パブリック・スペースの多元的な読みとき方に迫ります。

「パブリックスペース」と言えば、何を思い浮かべますか。 私たちの「公的な空間」とは、国・市に提供され、管理された場所を言うのでしょうか。それとも、ただの通行するための場所でしょうか。公園、駅、道路、ショッピングセンター、広場、カフェ、ホテル。あるいはインターネットのソーシャルスペースでしょうか? 今「パブリック」の領域は、広がっているのでしょうか、それとも反対に小さな「島」になっているのでしょうか。私たちは日常生活の中であまり意識せずに「パブリックスペース」に関わっていますが、実際、何の意味があるのでしょうか。

「パブリックスペース」とは、さまざまな人が共存し、さまざまな行為が行われ、多様で、多くの可能性を持っている場所です。「パブリックスペース」は政府などに作られたものではありません。私たちのそれぞれの行為、思い、想像力つまり広い意味での「アート」によって構築されています。
では、そのような場所で、私たち個人と個人は、交流・コラボを通してどのようなことができるでしょうか。

今回は、プレゼンテーションのあと、ご一緒に行うワークショップを通して、パブリックスペースの在り方、可能性、その未来を検証します。

『パブリックスペースはどこにある?』
2012年1月24日(火) 19:30~21:00(開場 19:00)

トーク:太田エマ(インディペンデントキュレーター)

山岡佐紀子(アーティスト)

【会場】amu
【共催】NPO法人アート&ソサイエティ研究センター/amu

 

| |

インフォーマル レクチャー Vol.11

レクチャー11回目講師の安丸さんは、社会企業家養成プログラムの一環で、昨年9月にニューヨークを拠点とする非営利まちづくり組織PPS(Project For Public Spaces)に短期間インターンとして参加し、米国にて昨今取り組まれているユニークなまちづくりを体験しました。
このトークでは、コミュニティを主体の公共空間づくりを促す調査や公園や広場、交通施設などの運用計画など35年の実績をもつPPSの活動の紹介を中心に、チェルシー地区の鉄道高架跡地を遊歩道パークに転換した『ハイライン』プロジェクトや、ブロンクス地区の大通り街路樹を使ったアートプロジェクト『ツリー・ミュージアム』など、ニューヨークで現在進行中の文化芸術プロジェクトに関する新たな取り組みについて紹介していただきます。

『場づくりとアートのソリューション −N.Y.での体験を通して−』
2月10日(水) 18:30〜20:00
トーク: 安丸 尚登(Naoto Yasumaru)

| |